パッケージング&高速インクジェットコンファレンス2017
 〜ラベル・紙器・軟包装・段ボール・デジタルプリント〜を
2017年7月20日(木)に東京・品川で開催します。

先日ドイツで開催されたinterpack2017が盛況に終わりましたが、それを皮切りにパッケージング関連の展示会が世界各地で開催されます。

パッケージング印刷はデジタル印刷市場の中でも最も業界から注目が集まっている分野の一つと言えます。パッケージング印刷業界の高まりを受けて、相即不利の高速インクジェットと併せてコンファレンスを開催することとなりました。

- デジタルプリントの技術から見え得る市場の成長とは?
- 連張機の将来は?
- インクジェットとトナーのそれぞれの利点とは?
- ラベル、紙器、軟包装、ダンボール市場の市場性は?需要動向は?

interpackの見学報告もございます。
また日本、中国におけるラベル・パッケージング市場についても解説します。

顧客獲得、市場開拓の機会創出など皆様のビジネスチャンスの伸展にご活用いただければ幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。


開催概要/ Event Summary

日   時

Date / Hour

: 2017年7月20日(木) 9:30〜17:55(受付9:10〜)

:  Thursday, July 20, 2017/ 9:30〜17:55(registration starts at 9:10〜)

会   場

Venue

: 東京コンファレンスセンター・品川 ボードルームN室  MAP

: Tokyo Conference Center Shinagawa  MAP

主   催

Organizer

: 株式会社キーポイントインテリジェンス    InfoTrends

: KeypointIntelligence

プレスリリース パッケージング& 高速インクジェット市場コンファレンスを開催

参加費

 

 

Admission

 

: 69,980円(75,578円税込)…特別早期割引2017年7月4日(火)まで
   79,980円(86,378円税込)…早期割引2017年7月11日(火)まで
   89,980円(97,178円税込)…通常価格2017年7月12日(水)以降

:69,980 yen (excluding the 8% Japanese consumption tax)…Registration by July 4,2017
  79,980 yen (excluding the 8% Japanese consumption tax)…Registration by July 11,2017
  89,980 yen (excluding the 8% Japanese consumption tax)…Registration after July 12

  • 英語の講演には逐次通訳(英→日)がつきます。
  • 配布資料、コーヒーキオスク、昼食代が含まれます。
  • 2017年7月12日以降のキャンセルはお受けできません。
    当日不都合の場合は恐れ入りますが代理の方のご出席をお願い申し上げます。
  • 申込み確認後、請求書を発行させていただきます。

定   員

 

Number of seats:

: 60名
  • 先着順につき、満席の際はご了承ください。

: 60 people  (seating is limited)

講   師

Speakers

キーポイントインテリジェンス アナリスト /Keypoint Intelligence Analysts

詳細&申込

Registration

: お申込みフォームより参加お申込みいただけます。

: Complete the fields on the registration form and click the Submit button.

▲Top

Program

受付開始(9:10)/registration starts at 9:10
9:30
l
9:45

開催にあたって(連絡事項等) 

Welcome and Introduction

9:45
l
10:20
1

パッケージング印刷およびプロダクションドキュメント印刷のデジタル技術
Jim Hamilton

プロダクションデジタル印刷への市場シフトが進行しており、長年のアプリケーション境界を超えてきています。 なぜこうなったのでしょうか? より安く、速く、そして良いことだけを求めた結果ではありません。 プロダクションデジタルプリント技術の最もエキサイティングなことは、真のプロセス改革を可能にしたことです。 このセッションや今日一日を通して、この画期的な市場の成長を浮彫にしていきます。

Digital Technologies for Packaging and Production Document Printing

A market shift toward production digital print is underway and it crosses longstanding application boundaries. Why is this happening? It’s not just being cheaper, faster, or better. What is most exciting about production digital print technologies is that they allow true process reinvention. This session and others throughout the day will underscore this groundbreaking market development.

10:20
l
11:25
2

ラベルパッケージング市場予測 〜ラベル、紙器、軟包装、ダンボール市場〜
Bob Leahey

世界的なラベル・パッケージングコンバーターは、2016年にプロダクションレベルのカラーデジタルプレスで総収益30億ドル得ました。主なアプリケーションはラベル印刷ですが、紙器、軟包装、ダンボール市場でも大きく成長しており、日本の技術サプライヤーはすべてのセグメントにおいて、重要な貢献をしています。カラーデジタル印刷市場がどのくらいの大きさなのか、またどのくらい成長するのか?どのような力やベンダーがこの成長を牽引しているのか? インフォトレンズはこれらの疑問にお答えします。また本プレゼンテーションでは2021年までの市場予測を発表、解説します。

Color Digital Packaging and Label Press Forecast〜Labels, Folding Cartons, Flexible Packaging, Corrugated

Label and packaging converters worldwide earned over $3 billion in gross revenues from production level color inkjet and electrophotographic presses in 2016. Label printing is the dominant application, but folding cartons, flexible packaging, and corrugated uses are growing contributors, and Japanese technology suppliers make vital contributions to all segments. How big are all these color digital print markets,and how big will they be? What forces and vendors are driving this growth? InfoTrends will answer these questions and others in this presentation about its new forecast for color digital printing equipment and supplies for labels and packaging, 2016-2021.

11:25
l
11:40
3

国内ラベル・パッケージング市場
後田 雅人 (Masato Atoda)

Japan CDLP Market

    11:40-12:00  Coffee Break (展示ブースをご覧いただけます)
12:00
l
12:20
4

China CDLP Market (China Print Overview)
後田 雅人 (Masato Atoda)

12:20
l
13:00
5

Interpack 2017の影響
Bob Leahey

5月にドイツでカラーデジタル印刷に焦点を当てた世界最大級のパッケージング機器展示会、Interpackが開催されました。Durst、EFI、Fujifilm、HP Indigo、Xeikonなどの企業から、印刷のデジタルエンハンス、ハイブリッドラベル印刷、軟包装とダイレクトトゥーシェイプのインクジェット、紙器パッケージのデジタル印刷などが紹介されました。 インフォトレンズがショーに足を運び得た重要な洞察と、今後の展望を解説します。

Impacts of Interpack 2017

Interpack, the biggest packaging equipment tradeshow in the world, took place in May in Germany, with color digital printing as a key focus. Digital enhancement of print, hybrid label printing, inkjet for flexible packaging and direct-to-shape, EP printing of folding cartons, and other uses were all shown via new and planned products from companies such as Durst, EFI, Fujifilm, HP Indigo, Xeikon, and others. InfoTrends was at the show and will give key insights and what they mean for the future.

    13:00-14:10    Lunch
14:10
l
15:00
6

B2フォーマット カットシート インクジェットの影響
Jim Hamilton

プロダクションデジタル印刷技術をより大きなフォーマットに拡大することは、市場の成功の鍵となります。この点は、B1、B2フォーマットのカット紙だけでなく、連張機に対しても当てはまります。 カラーシステムや、スポットコーティング、2.5D、金属箔などの付加価値印刷を提供するシステムにも当てはまります。多種多様な製品は、多くの印刷アプリケーションに多大な影響を与えるでしょう。本セッションでは、そのようなインクジェットプリンターの市場への影響を分析します。

The Impact of B2 (and Larger) Format Cut-sheet Inkjet

The expansion of production digital print technologies into larger formats has important implications for market success. This point holds true not only for B1- and B2-format sheet-fed digital products, but also for wider webs on continuous-feed models. It is true for color systems and also for ones that provide digital enhancement methods for spot coating, dimensional effects, and metallic foil. A wide variety of product types will have a significant impact across a range of applications.

15:00
l
15:50
7

段ボール印刷におけるシングルパス革命
Bob Leahey

段ボールはグラフィックス印刷市場として成長を続けており、インクジェットもこの市場で成長しています。 シングルパスで大きなシートやロール紙を印刷する新しいCMYKシステムは、始まったばかりですが、段ボール印刷市場を再構築し、コンバーターとそのブランドオーナーの顧客に新しいレベルの柔軟性と効率をもたらすことになるでしょう。本プレゼンテーションでは、Barberan社、CorrStream社、EFI社、HP社などの企業とその製品に焦点を当てます。

Singlepass revolution in corrugated printing

Corrugated continues to grow as a graphics printing market, and inkjet is growing with it. New CMYK systems that print a big sheet or roll of media in a single pass are just starting the market now and will soon re-make the corrugated print market, giving converters and their brand owner customers a new level of flexibility and efficiency. Companies such as Barberan, CorrStream, EFI, HP, and their current and future products will be the focus of this presentation.

    15:50-16:10  Coffee Break (展示ブースをご覧いただけます)
16:10
l
16:30
8

新たなパッケージ印刷ソリューション - 軟包装
Bob Leahey

軟包装のカラーデジタル印刷はこれまで限られていましたが、それが変わる日も近いでしょう。今日の軟包装のデジタルプリント技術のリーディングサプライヤーであるHP Indigoは重要な開発を行っています。 そしてHPには、間もなくインクジェットの競合他社が少なくとも3社現れます。 本プレゼンテーションでは、2017年における軟包装のデジタル印刷について、そしてこれから未来を形作る技術、企業、力について注目していきます。

Emerging Packaging printing solutions - Flexible Packaging Cloud, color management, New applications ….

Color digital printing for flexible packaging has so far been limited, but that will soon change. HP Indigo, the leading supplier of digital print technology for flexible packaging today, has important developments coming; meanwhile HP will soon have at least three inkjet competitors. This presentation describes digital printing for flexible packaging as it is in 2017, and as it soon will be, noting especially the techologies, companies, and forces that will shape the future.

16:30

16:50
9

商業印刷、出版、およびプロモーションアプリケーションにおける連続フィードインクジェットの将来
Jim Hamilton

高速連張カラーインクジェットシステムは、トランザクション、ダイレクトメール、ブックプリントにおいて大きな成功を収めています。 商業印刷、出版、カタログのような販促用アプリケーションの将来の成功は、コート紙上でコスト効率良く高品質の印刷を可能にする能力にかかっています。 ジャストインタイムの製造、パーソナライズ、およびプロセスの自動化も重要な役割を果たします。 このセッションでは、この製品クラスを差別化し、今後の成功に役立つ機能の種類について解説します。

The Future of Continuous-feed Inkjet in Commercial Print, Publishing, and Promotional Applications

High-speed continuous-feed color inkjet systems have had great success in transaction, direct mail, and book printing. Future success in commercial print, publishing, and promotional applications like catalogs will depend on the ability to print cost effectively at high quality levels on coated papers. The ability to just-in-time manufacture, personalize, and automate processes will also play a key role. This session will explore the types of features that will differentiate this product class and help it succeed moving forward.

    16:50-17:10  Coffee Break (展示ブースをご覧いただけます)
17:10

17:40
10

プロダクションテクノロジーの戦い:インクジェット vs. トナー
Jim Hamilton

アプリケーションごとに市場のニーズを満たすようにプリントメーカーはインクジェットとトナーの利点を提示しています。 この技術間の競争は、生産性、ランニングコスト、印刷品質、メディア要件などの要因に左右されます。 インクジェットが最も大きな可能性を秘めているのは、高い生産性が要求されるアプリケーションであり、トナーベースのシステムだけでなく、オフセットリソグラフィーやその他のプレス技術と競合となる分野です。本セッションでは、その競合状況の整理を行い。どこにそれぞれの利点があるのか分析します。

A Battle of Production Technologies: Inkjet versus Toner

On an application by application basis, system vendors are presenting the advantages of inkjet and toner with the expectation of meeting the market’s needs. This competition between the technologies typically comes down to factors such as productivity, running cost, print quality, and substrate requirements. Where inkjet has its greatest potential is in applications where high levels of productivity challenge not only toner-based systems, but also offset lithography or other press technologies.

    17:40 - 17:55   Q&A
Closing - 閉会(17:55)

▲Top

コンファレンス参加お申込フォーム/Registration Form

下のフォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
お申し込み受付後、参加証、請求書を郵送でお送りさせていただきます。

 参加費お支払方法

 

お名前

Name

会社名

Company

部署名・役職

Division/Title

所在地

Address

郵便番号

Post code

電話番号

Telephone

e-mail
 
    
   

お問い合わせ先

株式会社キーポイントインテリジェンス
コンファレンス担当: 水村、西本

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-6 恵比寿ISビル8階
Tel : 03-5475-2663   Fax: 03-5475-2710
Email : e-mail      Web : http://www.keypointintelligence.jp/

▲Top

Infotrends